看護学校のグループワークとは

看護学校のグループワークとは

看護学校のグループワークとは、5~6人でグループを組んでその中で学習を進めていという授業を指します。グループワークする目的は、看護師としてのコミュニケーション能力を高めるためと、チームワーク能力を高めることにあります。看護師の仕事ではこれらが非常に重要なので、看護学校ではグループワークを実践しているのです。

 

グループワークをすると、一つの目的をチームで勉強し合うことになるので、自己表現の練習になり、そのことで責任感も生まれます。看護師になった後も、委員会があったり看護研究があったりするので、グループワークを看護学校で学ぶというのは意義あることなのです。色んな場で活かすことができます。

 

グループワークでは、たくさんの意見が出るので、良い話し合いができるメリットがあります。自分と同じ意見の人もいれば、自分では想像もつかないような意見を持っている人もいて、有意義な時間を過ごすことができます。自分の意見に対して何か言ってもらえるのもいいことで勉強になります。

 

新しい考え方を教えてもらえるチャンスでもあるので、看護学校のグループワークでは、怖がらずにどんどん意見を出してみることです。考え方が柔軟になって、自分が成長できる糧になります。

看護学校には奨学金制度はありますか?

看護学校には奨学金制度はありますか?

看護学校で学ぶための奨学金制度はあります。看護師不足に喘いでいる現状がそうさせたというわけではありませんが、未来を担う看護師をなるべく多く育てるために必要な制度ですよね。奨学金にも色々ありますから、貸与額や返済義務、利子などの詳細をきちんと確認した上で上手く活用することをおすすめします。

 

たとえば看護学生だけを対象にしたものから病院グループの奨学金などの種類があるのです!

 

自分が将来どうなりたいのかを明確にすることで、どの奨学金制度を選ぶべきなのかがはっきりしてくるでしょう。たとえば都道府県や市町村の奨学金について掘り下げてみると、対象は看護学生のみであり、さらに看護学校を卒業後は奨学金制度を受けた都道府県または市町村内に存在する指定の医療機関で働くことが条件となっています。

 

なかなか厳しいようにも思えますが、その代わり返済は免除となります。これは大きいですよね。奨学金制度を利用するにあたって一番のネックになるのが返済と言っても過言ではありませんから、看護師になりたいけれどお金がないという人にはぴったりの支援制度だと言えるでしょう。