認定看護師って? 

認定看護師って? 

認定看護師に関して詳しく説明している画像

認定看護師というのは、ある看護分野に特筆した看護知識とスキルが認められた看護師のことを指します。認定看護師になるには認定看護師認定審査にクリアする必要があり、これは日本看護協会が実施している試験です。

 

認定看護師が行うのは、『「実践」「指導」「相談」の三つの項目であり、高いレベルの指導力』が問われます。日本においての看護師および除染し、保健師のうちどれかの免許を持っていること、さらに3年を超える認定看護分野の経験とそれを含む5年を超える実務経験が条件となり認定看護師を目指すことができます。

 

そのうえで、認定看護分野ごとの認定看護師教育課程を半年間受け、さらに先に挙げた試験に合格することにより晴れて認定看護師となることができるのです。認定看護分野は多岐にわたり、癌に関する看護、小児・一般の救急看護、糖尿病・脳卒中リハビリ看護、感染管理、新生児・一般集中ケア・緩和ケア、感染管理、不妊症看護、透析看護、などなど主に重篤な患者向けの看護を基本としています。現在、認定看護師は活躍の範囲が広がっており、毎年認定看護師を目指す人数も増えている傾向にあります。

救急看護認定看護師の仕事と役割

救急看護認定看護師の仕事と役割に関して詳しく説明している画像

救急看護認定看護師は『緊急医療に特化した看護師の資格であり救命技術を駆使し危機状態にある患者の看護をしたり家族への精神面の援助を行うのが主な仕事』となっています。通常の仕事と違い救急看護は素早い判断と治療が必要となります。

 

適格な判断で治療をしなければ患者の命にもかかわります!

 

適切なケアを行える技術と経験が必要な仕事なのです。認定看護師資格は色々な物がありますが一番最初に出来たのがこの救急看護認定看護師なのです。救命技術、救急看護技術の実践を始め、トリアージの実施や災害時の対策やケアを迅速に的確に行える技術が必要となっています。

 

その為救急看護認定看護師を取得した看護師は集中治療室や救命救急病院での看護師として活躍をする事が多いでしょう。救急看護認定看護師を取得する為には教育カリキュラムとして共通科目、専門基礎科目、専門科目、学内演習、そして実習を受ける必要があります。看護管理やリーダーシップの基本的な事はもちろん救急患者のアセスメントやケア、家族の心理の理解等の分野を勉強する事で救急看護認定看護師の資格を取得できます。

認定看護師って?関連ページ

看護師の平均年齢を教えて下さい?
看護師の平均年齢はどの程度なのでしょうか?看護師が働いている層で一番多いのはどのくらいの年代なのでしょうか?
准看護師とは?
准看護師と正看護師の違いはどのようなところに出てくるのでしょうか?多くの患者さんは誰が正看護師で准看護師であるのかなどの意外とつかないんですね。
男性看護師は肩身が狭い?
看護師長ってどんな存在?
訪問看護師とは?
歩合とかあるの?
国際看護師になるには?
特定看護師になるためには?
プリセンター制度とは?
介護士と看護師の仕事内容の違い
治験コーディネーターの仕事って何?
治験コーディネーターの仕事とはどのような仕事をするのでしょうか?看護師の仕事とは少し変わった治験コーディネーターの仕事とは?
看護師の国家試験について
看護師になるためには国家試験を突破しなければいけません。その看護師の国家試験はどのような傾向でどのように行われるのでしょうか?