男性看護師は肩身が狭い?

男性看護師は肩身が狭い?

男性看護師は肩身が狭い?に関して詳しく紹介している画像

看護師という職は一昔前までは名称が変わるまで看護婦という名前が示すとおりに女性における仕事として認識されていましたが昨今では名称も変わり男性による看護師も多く見受けられるようになりました。しかしながら男性による看護師が増えたといってもやはり現場を見てみると『女性の看護師が多いのは一目瞭然』ですのでそんな女性社会における男性の看護師の方は肩身が狭いという方もいらっしゃるそうです。

 

例えばまずは人間関係といった点では男性と女性では意識が異なり女性特有の人間関係である看護師の派閥にていざこざが起こり結果仲間はずれといった状況になってしまい仕事に支障がでてしまったりということや、また女性患者の中では女性におけるデリケートな問題といったものを男性の看護師にはしてほしくないという方もいるかと思いますので、そういう場合には同じ職場の女性看護師に頼むしかないのでこれも肩身の狭い思いをすることになるのではないでしょうか。

 

しかしながら看護師というものは一般的に激務であり体力が必要となってくるため力仕事において女性の看護師より男性のほうが秀でている部分がありますので肩身の狭い思いをしているのならそうった面で折り合いをつけていくのがいいのかもしれません。

男性看護師の求人割合ってどのくらい?

男性看護師の求人割合に関して詳しく紹介している画像

男性看護師の求人割合は数年前まで少ない状態でしたが、最近は増えてきています。求人情報で女性看護師を求める病院などが多かったのですが、男性看護師を積極的に受け入れたり、特定の性別での求人募集が減ってきたからです。

 

男性看護師の求人募集を特に行っているのは、泌尿器科、透析科、精神科、整形外科、手術室などです。泌尿器科は男性患者からのニーズが高いため、男性看護師を配属しようという流れができています。

 

精神科や整形外科は、女性看護師よりも体力があることを期待されて男性看護師が受け持つことが増えているのです。

 

手術室は高度な知識や技術、集中力や判断力が必要とされることで、男性看護師を求めているようです。その他、最新のロボット手術や臓器移植の分野でも求人募集で男性看護師を求める傾向にあります。しかし実際にそれぞれの部署で働いている男性看護師の割合はごくわずかです。

 

ひとつの科につき男性看護師は1人ということも少なくありません。病院全体から見て男性看護師の割合が3%程度ということもあります。これは日本全体の男性看護師の割合が増えてきていると言っても、未だに5〜6%しかいないためです。

男性看護師は肩身が狭い?関連ページ

看護師の平均年齢を教えて下さい?
看護師の平均年齢はどの程度なのでしょうか?看護師が働いている層で一番多いのはどのくらいの年代なのでしょうか?
准看護師とは?
准看護師と正看護師の違いはどのようなところに出てくるのでしょうか?多くの患者さんは誰が正看護師で准看護師であるのかなどの意外とつかないんですね。
看護師長ってどんな存在?
訪問看護師とは?
歩合とかあるの?
国際看護師になるには?
特定看護師になるためには?
認定看護師って?
プリセンター制度とは?
介護士と看護師の仕事内容の違い
治験コーディネーターの仕事って何?
治験コーディネーターの仕事とはどのような仕事をするのでしょうか?看護師の仕事とは少し変わった治験コーディネーターの仕事とは?
看護師の国家試験について
看護師になるためには国家試験を突破しなければいけません。その看護師の国家試験はどのような傾向でどのように行われるのでしょうか?