治験コーディネーターになるには?

治験コーディネーターになるにはどうすればいいの?

治験コーディネーターになるに関して詳しく紹介している画像

 

治験コーディネーターになるには、様々なパターンがあります。看護師、臨床検査技師、薬剤師、保健師のいずれかの職業を経緯してなるというのが通常の方法です。最も多いのは、看護師になってから治験コーディネーターになるケースです。

 

看護師になり、総合病院やクリニックで数年間臨床経験を積んだ後、治験コーディネーターへと転職するのが一般的のようで、その際、大きな総合病院の病棟などで3年以上の経験があることが望まれます。

 

『看護師、臨床検査技師、薬剤師の資格があれば、治験コーディネーターになることはできます』が、総合病院での経験がある程度必要になります。求人への応募が唯一の方法ですが、一般では求人はほとんどないのが現状です。

 

おすすめは、看護師専門の転職支援サービスで、多くの求人を扱っています。登録すると条件にあった転職先を紹介してくれます。中には臨床経験を問わない求人もあります。書類選考と面接を突破すれば、治験コーディネーターになることができますが、約1〜2年の研修があります。まずは自宅から通える範囲に求人があるかどうかを確認し、求人を見つけたら履歴書と職務経歴書を準備して応募しましょう。

治験コーディネーターの給料って?

治験コーディネーターの給料って?

治験における臨床試験の業務に携わっている人々の中に治験コーディネーターと呼ばれる人たちがいます。治験コーディネーターは被験者に対する心理的なケアやインフォームド・コンセントにおけるサポートを業務として行っており医療従事者からの転職先として人気がある仕事の一つとなっていますがこれから治験コーディネーターへの転職を考えている人たちにとって重要なことはやはり給料がどれほどのものなのかが気になる点でしょう。

 

治験コーディネーターは医薬品や特定の病気に罹っている患者と接したりなどの専門的といえる職業ではあるものの特に資格を必要とせず言い換えるならば誰でもなることができます。

 

ですのでその給料は実務経験よって大きく左右されることになります!

 

実務経験なしの初年度における最低年収が250万円程と言われています。逆に実務経験が豊富な人は600万円にもなる場合もあるそうですが『平均的な年収でいえば400万程に落ち着くそうです』ので看護師と比較した場合にはあまり大差がないと言えます。

 

また先で治験コーディネーターの資格はないと述べましたが治験コーディネーターとしての認定試験がありこれは実務経験二年以上の人が受けることのできる試験となっていますのでこの認定試験での合格が将来の収入に左右されることがあるかもしれません

治験コーディネーターって残業は多い?

治験コーディネーターって残業は多い?

治験コーディネーターは、比較的残業が発生しにくい仕事です。就職した会社にもよりますが、平均しても月に5〜20時間くらいだと言われています。しかし、あくまで平均ですので鵜呑みにしないでください。残業は自分が担当する医療施設にも影響されるものです。

 

医療施設によっては残業が全くない場合もありますし、治験者が遅い時間に来院する場合などは残業となることもあります!

 

また仕事は医療施設だけのものではありません。自分で書類を作成する時間が長時間になってしまうことも考えられますし、製薬会社や治験チームとの打ち合わせなどでも、急なスケジュール変更が必要となる場合もあります。治験コーディネーターに限らず、どんな仕事でも拘束時間のイレギュラーはあるものです。

 

家庭の事情などがあり、どうしても時間の融通が利かないことがある場合は、採用された時点できちんと会社側に伝えて、業務に支障が出ないようにするのは当然です。『ただ看護師などとは違い、夜勤はありませんので女性が続けていきやすい職種』だとも言えます。まずは自分の能力不足で残業が増えることがないよう、日々の努力が必要だと思います。

治験コーディネーターになるには?関連ページ

臨床看護師からCRCに転職、勉強すべきことは?