臨床看護師からCRCに転職、勉強すべきことは?

臨床看護師からCRCに転職、勉強すべきことは?

ある程度、臨床看護師の経験があることは、間違いなくCRCとなった場合でも役立つことは多いです。ただし、看護師とCRCは近いようで全く違う仕事ですので、CRCになる前にはしっかり勉強する事をお勧めします。医学的なことや薬学的な知識は、看護師の仕事の中でも学ぶ場面は多かったと思います。

 

特に足りないと思われる法的知識は勉強が必要だと思います。また、治験がどのようなもので、どういった流れで進んでいくのかも頭の中に入れておきましょう。倫理的概念を持ち合わせなければいけない場面も多々あるCRCです。

 

看護師という少し特殊な職業で長年過ごしてきたことで、社会的倫理概念がずれていることも考えられますので、今一度自分の倫理というものを整理すると良いと思います。看護師として培った知識や経験を生かして被験者に寄り添い、チームに必要な人材となれるよう、日々の勉強も欠かさないでください。

 

また院内CRCでない限り、『病院側のスタッフではありませんので、医療行為は行うことが出来ません。』仕事で訪れた病院のスタッフの医療行為が未熟でも手を出してはいけないことを胆に銘じておきましょう。

臨床看護師からCRCに転職、勉強すべきことは?関連ページ

治験コーディネーターになるには?
治験コーディネーターになるためにはどのような資格が必要になってくるのでしょうか?治験コーディネーターになるためには?