介護士と看護師の仕事内容の違い

介護士と看護師の仕事内容の違い

介護士と看護師の仕事内容の違いに関して詳しく解説している画像

病院で入院をしているとお世話になる人には介護士と看護師という人たちがいると思います。この二つの仕事内容の違いというのはどのようなことがあるのでしょうか。

 

まず、介護と看護の違いを考えてみると分かりやすいと思います!

 

介護というのは心地よく生活をするために手助けをするというイメージがもっともあっていると思います。一方、看護というのは療養を軸にして考えられており、快適さや心地よさよりも治療を優先させることになります。

 

例えばベットから起き上がり散歩に行くということを閑雅てみた時に、介護士の仕事は起き上がりにくいのであればそれをサポートして起き上がらせてあげ、歩くことが困難であれば車いすを利用して移動を手助けするといいようなことが仕事になります。しかし、これを看護師の立場から見ると、日常生活にうまく戻るためには自力で起き上がる必要があるために見守るということが行われることがあります。

 

歩けるようにしていくためには車いすではなく歩行補助具を利用して歩くのを手助けするということが仕事になってきます。他にも『看護師は医療に従事する、介護士は医療には従事しないなどの違い』もあります。

介護士と看護師の仕事内容の違い関連ページ

看護師の平均年齢を教えて下さい?
看護師の平均年齢はどの程度なのでしょうか?看護師が働いている層で一番多いのはどのくらいの年代なのでしょうか?
准看護師とは?
准看護師と正看護師の違いはどのようなところに出てくるのでしょうか?多くの患者さんは誰が正看護師で准看護師であるのかなどの意外とつかないんですね。
男性看護師は肩身が狭い?
看護師長ってどんな存在?
訪問看護師とは?
歩合とかあるの?
国際看護師になるには?
特定看護師になるためには?
認定看護師って?
プリセンター制度とは?
治験コーディネーターの仕事って何?
治験コーディネーターの仕事とはどのような仕事をするのでしょうか?看護師の仕事とは少し変わった治験コーディネーターの仕事とは?
看護師の国家試験について
看護師になるためには国家試験を突破しなければいけません。その看護師の国家試験はどのような傾向でどのように行われるのでしょうか?