助産師の一日って?

助産師の一日って?

助産師の一日に関して詳しく解説している画像

出産をつかさどる仕事である助産師ですけれども、彼らの一日はどのような一日なのでしょうか。今回はそれについて目を向けていきましょう。生命の出産に立ち会える数少ない仕事でとてもやりがいのあるものですけれども、具体的な仕事内容を知っている胃とはあまりいないかと思います。

 

それでは一日に迫っていきましょう。病棟によって違う所もあるかもしれませんけれども、最初は申し送りという恒例の行事から一日がスタートします。これは前日の仕事の報告のようなもので、出産した人の状態や生まれてきた赤ちゃんの状態をみんなに伝えるような仕事と思って貰って結構です。

 

 

その後には健診が待っています。健診についての説明はそこまで必要ないかと思います。勿論過酷な仕事には休憩はつきもの。健診が終わるとその後は大体昼休憩となり、ご飯の時間になります。休憩が終わると、妊婦さんたちに出産した後のお風呂や食事のアドバイスを行います。これも助産師の仕事になります。その後、妊婦さんへ腰のマッサージや出産するときのラマーズ法などを教えます。これが助産師さんの仕事の流れになります。

 

助産師の仕事は非常に多岐にわたりますが新たな命に対面できる数少ない仕事に一つなので、非常に有意義に仕事をしている人も多いのが特徴的ですね!