助産師になって活躍する

助産師になって活躍する

助産師になって活躍するに関して詳しく解説している画像

主に産婦人科で活躍する助産師ですが、産婦人科以外の場面でも助産師が活躍する場所というのはいろいろあります。まず一つが助産院です。助産院は助産師の資格を持っている人であれば開院することが可能になってきます。

 

助産院では正常分娩の身にはなりますが出産を取り扱うことが出来ますので、『まさしく出産の場面を取り仕切ることが出来る最も助産師が活躍することが出来る職場』ということになるかと思います。

 

もちろん、助産師が複数活躍している助産院などもありますので、助産師として独り立ちする前に先輩助産師がいる助産院で働くということも可能になっています。出産の現場ではありませんが、妊婦や経産婦、そして新生児を支援していくことが出来る助産師の職場というものもあります。

 

地方自治体などでは助産師が新生児が生まれた家庭に訪問をするこんにちは赤ちゃん事業などを行っているところも多いですし、妊婦や経産婦、新生児をお世話する人向けの講習会などで助産師が活躍しているケースも多くなっています。

 

自分のライフスタイルに合わせて活躍する現場があるのが助産師という職業になっています。

助産師と看護師の違いについて

助産師と看護師の違いは、どこにあるでしょう。これは明白で、看護師は病気や怪我などに苦しむ人たちに対して、看護や身のまわりの世話をします。一方、助産師は、助産行為を行います。助産師は看護師同様の業務ができますが、看護師は助産師の業務はできません。

 

助産行為ができるのは、医師と助産師だけなのです。看護師と助産師の違いは、仕事の領域もあります。看護師の場合、さまざまな診療科を経験することができますが、助産師は、他の診療科を経験できません。産科などの中で看護師の行う業務を兼務するしかありません。

 

看護師と助産師では、免許の違いもあります。看護師の場合、国家試験に合格して看護師免許を取得するのですが、助産師は、看護師の免許を取得した上で、指定の養成期間で1年以上の教育と実習を受けないといけません。そしてその後、助産師国家試験に合格しないと資格を手にすることはできません。

 

助産師になるには、看護師の免許を取った後、更に専門的な知識を身につけないといけないのです。そう言う意味では、看護師より助産師の方が格が上と言えるでしょう。

助産師になって活躍する記事一覧

助産師になるために学校で勉強すること

助産師になるためには、高校を卒業して4年制の大学である看護学科・看護専攻の中でもに助産師養成課程が含まれる大学に入学する必要があります。最初から看護師と助産師の資格を取得することも可能ですが、看護師になってから助産師養成所に入って勉強をして助産師になることも可能です。具体的に助産師になるために学校で...

≫続きを読む

 

助産師の一日って?

出産をつかさどる仕事である助産師ですけれども、彼らの一日はどのような一日なのでしょうか。今回はそれについて目を向けていきましょう。生命の出産に立ち会える数少ない仕事でとてもやりがいのあるものですけれども、具体的な仕事内容を知っている胃とはあまりいないかと思います。それでは一日に迫っていきましょう。病...

≫続きを読む

 

助産師の月収の平均は?

助産師という職業がありますが、とても素晴らしい職業ですしあこがれているという方も多いのではないでしょうか。そしてそんな助産師として働いていくうえで、現実的に気になるものってやっぱりお金ですよね。助産師としての職業は月収平均いくらぐらいもらうことができるものなのでしょうか。助産師はとても専門性の高い職...

≫続きを読む