企業保健師の給料相場

企業保健師の給料相場

企業保健師の給料相場に関して詳しく解説している画像

一般企業で働く企業保健師の給料相場はどれくらいなのでしょうか。企業で雇用される企業保健師の給料の相場の平均はおよそ年収として400万円〜500万円と言われています。さらに治験コーディネーターや臨床開発業務の場合には、実績が認められれば年収600万円以上を稼ぐ方も多くいます。

 

企業保健師が活躍するフィールドは、一般企業の場合、採用する企業が大手のケースが多いため、『公務員として働くよりは給料は高水準になりやすいという特徴』があります。企業で働く産業保健師は、企業の従業員の健康管理を行い、うつ病防止などの精神面でのケアや健康対策を行います。

 

企業保健師は、企業の労務担当や産業医と連携して業務にあたります。
看護師とは違い、まだ病気になっていない人の心や体のケアにあたります!

 

一般企業で働くため、土日がお休みで残業が無いという企業も多く、看護師とは違って肉体労働も無いので、体力に自信が無いという方も働きやすい仕事であるとも言えます。看護師になっても夜勤や肉体労働に自信が無いという方は、ステップアップして保健師になるのがお勧めです。