看護師不足は改善されるのか

看護師不足は改善されるのか

看護師不足に関して詳しく解説している画像

看護師不足は改善されるのでしょうか。これは以前から長くずっと論議されている話題です。それだけ看護師不足というのは深刻なのです。看護師免許保持者は数年前から既に飽和状態になっているにもかかわらず、看護師不足は年々深刻化しています。

 

看護大学乱立によって看護師免許の保有者人口は増えているのに、『看護師不足が懸念されているのは、過酷な労働環境があるから』です。それを改善しない限りは、看護師不足は改善されないでしょう。労働環境が悪いことから看護師がやめていくのは前からのことですが、それを改善する動きは中々見られません。

 

夜勤が多く入りすぎるのも理由の1つで、退職者が後を絶ちません!

 

看護師不足を改善するには、病院がもっと真剣に本腰を入れて対策を打っていかなくてはなりません。それぞれの看護師にかかる負担を少しでも減るようにしていかなければ、今後も看護師不足は改善されないでしょう。とにかく、劣悪な労働条件を改善するというのが急務で、国を挙げて積極的に改善していかないと、益々、看護師不足は悪化していくでしょう。

アメリカの看護師不足の現状は? 

現在の日本は慢性的な看護師不足だと言われています。その理由は日本の文化によるもので、海外ではあまりない光景です。しかしアメリカでも現在深刻な看護師不足だと言われています。アメリカの看護師不足の主な理由は、看護師を養成する立場の人が足りていないからだと言われています。

 

また、看護学校のような施設を増やすことも困難でそういった分野に力を入れることが出来ないことが背景にあると言われています。現在日本でもアメリカでも外国人の看護師を積極的に採用するようになっています。しかし、『国によって医療の水準や看護師に求められるものが違うので外国人の採用は少し難しいのも一つの原因』として挙げられます。

 

それでもアメリカは世界共通言語での試験なので採用枠は大きいですが、日本ではそうもいきません。また、文化の違いで外国人の受け入れに対して閉鎖的な考えがあるのも事実です。今後日本が高齢社会になっていくにつれて医療業界は力を入れていく必要があります。看護学校など教育の充実も大事になってきます。安心して病院にかかれるかたちはとても重要ですね。