マルチビタミンと言うのは13種類あるうちの12種類が配合されたサプリメント!

マルチビタミンの危険

マルチビタミンと言うのは13種類あるうちの主に12種類が配合されたサプリメントで、サプリメント初心者には一番おすすめのサプリメントだと言われています。

色々なメーカーからマルチビタミンのサプリメントが販売されていますが、小林製薬から販売されているマルチビタミンだけはビタミンKも含む13種類のビタミンが配合されているようです。

他のメーカーにビタミンKが含まれていない事が多いのは、ビタミンKは腸内細菌からも合成されるビタミンだからです。

小腸や肝臓に何かしらの疾患を持っている人は、合成量が不足しやすい危険があるようですので、ビタミンKも含むマルチビタミンを選ぶと良いでしょう。

ビタミンと言うのは13種類働きが微妙に異なりますので、マルチビタミンを飲んでみて自分に必要だなと思える栄養素だけを選んでいくと言うのが良いと思います。

喫煙する人や飲酒する人であれば、ビタミンCとか、アンチエイジング目的であればビタミンEだとか、貧血気味でふらふらするのであればビタミンB6やビタミンB12が配合されたビタミンB群のサプリとかですね。

マルチビタミンは、とりあえずどのビタミンを選んでよいかわからないと言った初心者向けのビタミンであるとも言えますね。

マルチビタミンの飲み方

戦後に食生活が豊かになってからというもの、貧しかった時代に比べて少なかった病気が増えているようです。

生活習慣病や、癌などがそうですね。

食生活が豊かになった分、栄養バランスの整っていない食事が多くなり、結果、動脈硬化症や高血圧症などの生活習慣病になり、そこから心疾患や脳疾患などといった大病に発展してしまう可能性が大きいのです。

病気はなってから治すのではなく、なる前に予防すると言う事が大切です。

それには食生活や生活習慣の改善が必要となってきます。

しかし、職業柄どうしても生活が不規則になりがちという方もいらっしゃるでしょうし、1日3食規則正しくご飯を食べたりできないと言う方もいらっしゃると思います。

そういった方は、食事で補いきれない栄養素を補うという意味でマルチビタミンなどのサプリメントを摂取すると良いと思います。ビタミンは3大栄養素が働くときになくてはならない栄養素ですから、ビタミンが不足しているだけでも三大栄養素がきちんと働かない事になります。

マルチビタミンは13種類あるビタミンのうち、大体のメーカーは12種類、1日に必要な分を摂取できるようにしてあります。

飲み方に特に決まりはなく、朝飲んでも良いですし、寝る前に飲んでも良いのです。忘れずに毎日継続する事が大切です。