看護師の転職回数は転職に不利?

看護師の転職回数は転職に不利?

看護師の転職回数は転職に不利?に関して詳しく解説している画像

看護師の転職回数は転職に不利なのでしょうか。通常、転職回数が増えれば増えるほど、不利になります。長く働くことができないという評価が下されるからです。

 

転職回数が多いと転職が難しくなる傾向にあるのは否めません!

 

しかし、看護師の場合、転職回数が多くてもそれが経験として評価されることもあります。そのため、看護師の転職回数は転職に不利とは一概には言えません。看護師は全国的に不足している背景もあり、他の職業と比べて、それほど転職回数がネックになることはありません。

 

20代の看護師なら2回、30代の看護師なら3回くらいまでなら、不利にはなりません。但し、過去に転職回数が5回以上あり、転職の理由のすべてが人間関係であった場合は、不利になるかもしれません。なぜなら、そうした場合、過去の職場に問題があるというより、その人自身に問題があると受け取られかねないからです。つまり、いくら売り手市場の看護師であっても、『安易な理由で短期間に転職を繰り返すというのはよくない』ということです。簡単に短期間で転職を重ねてしまうと、不利になるので注意しないといけません。